パンツァネッラ

Panzanella

中部イタリアのとても田舎風なピアットですが、この季節ならでは、甘くてジューシーな真っ赤なトマトを見つけたら、お口さっぱり、ボリュームいっぱいのリフレッシュできる一品をお試しください!

材料:(4人分)

  • パン(カザレッチョ); 厚めにスライスしたものを4~5枚
  • トマト(あればサンマルツァーノ種のもの); 4~5個
  • バジルの葉; 1枝
  • 赤紫玉ねぎ; 小1個
  • きゅうり ; 1本
  • エキストラ・ヴァージン・オリーヴ油; 適宜
  • 塩・黒粒コショウ; 適宜
  • 白ワインビネガー; 適宜

作り方:

  1. トマトは洗って、皮付きのまま1cm角くらいに細かめに切って、大きめのボウルなどに入れて、塩小さじ1/2強の塩をまぶしたら、よくかき混ぜて、トマトから水分を引き出しておきます。
  2. 赤紫玉ねぎは繊維を断ち切るように、横に極薄くスライスして白ワインビネガーを少量たらした水にさらしておきます。
  3. きゅうりは、皮を剥いて、4mmの輪切りに切ります。
  4. パンはパン・スライサー又はキッチンばさみを使って、1X2cmほどに ざく切りにカットします。この時、パンのクロスタ(皮)を取り除いても一緒に入れても(香ばしくなります)お好みで。
  5. ①のトマトのボウルへバジルの葉を手でちぎって加え、白ワインビネガーを大さじ1/2入れて混ぜ、そこへエキストラヴァージンオリーヴ油を大さじ2ほど入れ、よくかき混ぜます。②は軽く水切りして、③④の材料を加え、よく和えます。最後に、オリーヴ油を回しかけ、黒粒コショウを入れたら、出来上がりです。


さっぱりと頂きたい暑い夏の間なら、冷蔵庫でしばらく冷やすのもいいですね。
硬くなったパンを水でふやかして、おからのように崩して和える方法もありますが、ここではFILONCINO や LA RIANO のような美味しいカザレッチョパンをそのまま使うレシピをご紹介しました。パンが、トマト液で赤く染まって、見た目にも食欲をそそります。

 

きゅうりの代わりに、セロリとにんにくのみじん切りを入れて、黒オリーヴをごろごろ入れるとローマ風パンツァネッラになりますし、ツナ缶を入れたり、モッツァレッラ、アンチョビなどを足すと、栄養価の高い一品ともなりますね。

広告募集中 >>こちら